実印、印鑑証明書の準備

a0001_013325

車を購入すると決まったら、事前に準備ができるものは、準備をしていたほうがいいかもしれません。
お金以外にも色々と必要になるものがありますので、そのときに慌てなくてもいいようにするためにも、用意しておいたほうがいいですね。

例えば、実印の用意は、事前に準備をすることができると思いますので、事前準備可能ですから用意しておきましょう。
契約前に自分が住んでいる管轄の市区町村の役場で、実印登録をしなければいけません。
実印登録をしておかなければ使うことができませんので、注意しましょう。
ゴム印といった変形してしまうようなハンコ以外でしたら、大半が実印として登録することは可能なので、あらかじめ登録をしておきましょう。

それから用意しておけるものとしては、印鑑証明書もあります。こちらは事前に市区町村が証明している証書です。
車を購入する際は、発行してから2ヶ月以内のものが必要ですので、反対に言うと3ヶ月も前から用意しておくことができるので、買うと決めたらすぐに用意してもいいでしょう。
もし下取りの車があるのなら、その場合、印鑑証明書は2枚必要です。

事前に準備しておくことができるものこれくらいです。
車を購入する際に必要となるのは、ほかにも車庫証明や委任状なども必要です。
委任状は車の登録をするのはなかなか複雑な手続きがいるので、これを販売店に代理してもらうというものです。
自分で事前に用意するのではなくて、大半が販売店が用紙を用意してくれるので、契約をする際にハンコをするだけでいいでしょう。

そして車庫証明書ですが、こちらも車で購入する際には必要になります。車庫証明書は警察が交付します。
自宅に置くのかそれともどこかに借りて置くのか、それによっても違いがあるのですが、大半は販売店が手続きのための書類を持っていますし、ない場合も、警察署へ行けばあるでしょう。
そして販売店が申請の代理をしてくれるのですが、申し込みをするのは本人がすることになりますので、本人が書かなければいけません。
これらが購入する際に必要になる書類です。

事前に用意しておくことができるのは、実印と印鑑証明しかありませんが、とりあえずこれだけ用意していればスムーズに進みます。
忘れた場合でも、前日に用意できる場合もありますが、仕事をしているとやっぱりなかなか時間も取れませんし忙しいかと思いますので、前もって用意できるものは、用意しておいたほうがいいですからね。