必要書類

a0002_003094

車を購入するに当たって必要な書類をここでは見ていきましょう。車を購入して登録をする際はそろえる必要がある書類がいくつかあります。
ほとんどは車の販売店で用意をしてくれると思いますので、自分で準備する書類というのはさほどありませんが、あらかじめ知っておくとスムーズに契約をすることができるでしょう。

まず、車庫証明書です。車庫証明書は自動車保管場所証明書という名前でも知られていますが、証明書をとるのは販売店があなたの代わりに代理でも手続きをすることができます。

その場合は手数料に1万円はかかることもありますので、もし自分でも行けるなら自分で手続きをしたほうが1万円の節約になります。そして委任状です。登録手続きを本人に代わり、販売店にやってもらうという場合にはそれを証明する書類が必要です。委任状の用意も大半が代理店が用意してくれているので、そこに実印を押して記入する形になります。実印は書類ではありませんが登録をしたり委任状を書く際に必要なので用意しておきましょう。

そして印鑑証明書です。印鑑証明書は市町村役場で発行から3ヶ月以内のものを用意しておきましょう。そして軽自動車を購入するという場合には使用者の住民票が必要になります。こちらも発行してから3ヶ月以内のものを用意しなければいけませんので、あらかじめ市区町村役場で取得しにいきましょう。

登録は自分でもできるのですが、完成検査終了証、自動車税申告書、重量税納付書、手数料納付書、新規登録申請書といった色々な数の書類が必要になりますのでかなり車の購入に精通している、過去にこういった職業をしていた人ならいいかもしれませんが、自分でやるにはとても複雑で何かと手間もかかると思いますので、販売店に頼んだほうがいいかもしれません。販売店に頼んだほうがスムーズに進むでしょう。

自動車ローンを組んで車を購入するという人の場合には、審査書類、申し込み書類なども別途必要なので、販売店の人が用意してくれると思いますので記入して申し込むことになります。車の購入にはなにかと書類が必要ですが、販売店の説明にしたがって記入をすれば複雑ではありませんし、わからないことがあれば、その都度聞くようにするといいでしょう。

わからないままにしておいて、納得も出来ていないのに話を進めると必ず最後に何らかの形で問題として現れてくるはずですので、そうならないようにスタッフに聞くようにして気をつけましょう。