コンパクトカーのメリット

5e1ab727389599292ba94f54b2c512fb_s

女性に人気が高い

女性が車購入を検討する際によく選ばれるのがコンパクトカーです。
軽自動車よりも大きくて、普通自動車よりも小さな大きさが特徴的で、各メーカーから発売されています。
販売価格は普通自動車よりも安く、軽自動車とほぼ同等の価格帯になっています。
中古車を購入する際には軽自動車よりも安く販売されている傾向があります。

コンパクトカーのメリット

軽自動車のデメリットと普通自動車のデメリットをそれぞれ補っているのがコンパクトカーの大きなメリットになります。
軽自動車はどうしても室内空間が限られているため狭く感じられてしまいますが、コンパクトカーは軽自動車よりも規格が大きく設計されているためゆったりとした広さで快適に運転を楽しめます。
パワー不足を否めない軽自動車よりも確実にパワーがあり、坂道もラクラク走行できます。
安全性の面でも軽自動車は車体を軽くしているため、万が一事故が発生した場合には大破しやすい傾向がありますが、ボディの耐性面でもコンパクトカーは安全面でも有利に設計されています。
普通自動車の場合は、販売価格が高めに設定されて大きすぎて運転しにくいと感じられる場合があります。
特に狭い駐車場内で困ることや、縦列駐車ができなくて戸惑うこともあります。
燃費がとても良いのが特徴的で、ガソリン車でも平均して1リットルあたり25キロ前後になっており、ハイブリッドカーに迫る勢いので燃費の良さを実現させています。

コンパクトカーのデメリット

女性ユーザーによってはコンパクトカーが丁度良い大きさと考えられていますが、男性ユーザーにとっては中途半端な大きさだと考えられる傾向があります。
軽自動車よりも大きくて快適でも、維持費の面では普通自動車とほとんど変わらないため恩恵を受けられないと考える方が多いです。
ターゲットの主力が女性になっているため、基本的には市街地の運転を想定している作りになっているため、長距離運転をしていると疲れやすい場合もあります。
それなら最初からコンパクトカーではない普通自動車を選んだ方が良いと考える方も多いです。
これらのデメリットを補うために男性から好まれるスポーティータイプのコンパクトカーも登場しています。
燃費が良くて、長距離運転もしやすいコンパクトカーは男性からも支持される傾向があります。
税金については軽自動車も高く設定されていますが、今後は軽自動車の税金が値上がりする見込みのため、あまり差は感じられなくなってきます。