軽自動車のメリット

4d40c9393f91c66cea0544e28dbda72a_s

セカンドカーとして人気

軽自動車は排気量が660cc以下の規格で設計された小型の自動車で、気軽に運転を楽しみたいと考えている方に人気があります。
車購入を考えるのは初心者ドライバー、女性、年配の方などが多く、セカンドカーや足代わりとして選択するケースが多いです。
維持費が安くて燃費がとても良いことから、単純にお金の面だけでなく環境保護の観点でも有利になるとして注目されています。

軽自動車のメリット

軽自動車で車購入を決定付ける大きなメリットが維持費の安さです。
税金が普通自動車よりも優遇されており、高速道路を走行する際にも格安、自賠責保険も安い等優遇されている面がたくさんあります。
特に燃費が良いことからガソリン代の節約にも繋がります。
小回りが効くため、運転技術に自信がない方でも運転しやすい特徴もあります。
狭い路地を走行させる場合もスムーズに運転でき、駐車場にも停めやすいため女性や年配、初心者ドライバーに優しいとされています。
車体の販売価格も安く設定されており、セカンドカーとしても活用できるメリットがあります。
街乗りをする際には普通自動車よりも軽自動車の方が扱いやすいため、用途によって使い分けている方も多いです。

軽自動車のデメリット

車体の大きさや排気量に限りがあるため、どうしても運転性能が見劣りしてしまいます。
特に長距離運転をするとかなり疲れてしまうため、男性からは敬遠される傾向があります。
室内空間も広々とした作りになっている車種もたくさん登場していますが、普通自動車と比べると狭く感じてしまい長時間乗っているのはかなり窮屈に感じられます。
坂道は特に力不足を感じやすく、運転するのが辛いと感じられるほどです。
一人で乗車している場合は特に問題なく走行できても、大人が4人乗車しているとかなり重たく感じられます。
乗車人数が多く、荷物を多く詰め込んでいるとブレーキの効きがかなり悪くなり、いつもと同じ感覚で運転していると危険な場合があります。
ボディの安全面は特に不安が大きく、大したことがない事故だと思っても大きく破損してしまう場合が多く、万が一車同士で衝突した場合、軽自動車とはわからないくらいに原型を留めない状態まで大破する可能性もあります。
軽自動車はかなり安く設定されていますが、今後は値上がりすると見込まれているため、普通自動車との差があまりなくなってくると税制面でのメリットが感じられなくなります。
軽自動車とコンパクトカーの差があまりなくなれば、需要が減ってくる可能性も懸念されています。