セダンのメリット

a1180_000756

普通自動車のスタンダード

一般的な乗用車の形として定着しているセダンは、幅広い年齢層から支持されています。
現在主流になっているセダンは、4ドアでエンジンルームと座席、トランクルームまたはハッチバッグの3ヶ所に分かれています。
大人が乗っても余裕を感じられるほどの広さを有しており、快適なドライブを楽しめる作りになっています。
かつてはファミリーカーの主流として活躍していましたが、現在ではミニバンが主流になっています。
どちらかというと中高年以上の年齢層に人気がある車種で、乗り降りしやすい特徴があります。

セダンのメリット

昔から一般大衆向けの自動車として定着していた形でもあり、最も安定した運転が実現できるメリットがあります。
車高も空気の抵抗をあまり受けない高さになっており、横風の煽りを受けて運転がふらつくこともないため安心して運転できる特徴があります。
乗り降りもしやすい丁度良い高さになっているため、年齢を問わずに簡単に乗降車できる特徴があります。
完成された形の車として定着しているため、安全に走行したいと考えている方に最適です。
現在は他の車種に人気が集中しているため、価格が安定しているメリットもあります。
できるだけ手頃な値段で手に入る車購入を検討している方にとって最適な車種になります。
高級志向の方にも満足していただける高級セダンも複数存在しているため、幅広いニーズにお応えできる利点もあります。

セダンのデメリット

足元は比較的ゆったりとした作りになっていますが、天井が低く設計されているため圧迫感を感じやすい傾向があります。
背の高い男性は特に天井の低さが気になってしまい、集中して運転できないと感じる方が多いです。
同じクラスの排気量があるミニバンと比較すると定員数も少ない点や、ステーションワゴンと比較すると荷物が全然積み込めない点がデメリットに感じられる場合があります。
ミニバンやステーションワゴンはセダンのデメリットを補うようにして普及した車種になるため、ミニバンやステーションワゴンからセダンに乗り換えした方は特に物足りなさを感じやすいです。
安定した走行ができる車種ですが、裏を返すと気がついた時に速度オーバーになる可能性が高いと考えられます。
大人4人では余裕を感じられる広さですが、定員ギリギリの5人で乗車するとかなり狭く感じられます。
特に後部座席の真ん中に乗車している方は圧迫感を感じやすいため、長時間のドライブになるとかなり疲れやすくなります。