保険についての基礎知識

bsPAK85_lalamaittawai20140321

自動車保険の基礎知識

自動車を購入するときに必ずと言って良いほど加入を勧められるのが任意の自動車保険です。

私達が普段自動車保険と呼んでいるものには二種類があり、自動車を購入し所有者となった場合に必ず加入義務が発生をする「自賠責保険」と、自分自身で選んで加入する保険会社やプランを選ぶ「任意保険」とに区別をすることができます。

「自賠責保険」は別名「強制保険」と呼ばれることもあり、所有している車両の車検の時期に合わせて請求を受けるようになっています。

自賠責保険の対象となるのは自家用普通乗用車の他、軽自動車、軽二輪、原動機付自転車と運転免許が必要な全ての車両です。

自賠責保険は共済保険として取扱がされているので、全国の車両所有者から集めた保険料を事故が起きたときの支払いに当てています。

自賠責保険に加入していない車両を運転することは「自動車損害賠償保障法」に違反したものとされ1年以下の懲役または50万円以下の罰金、免許停止処分の対象となってしまいます。

さらに万が一の事故を起こしてしまった場合には、事故によって起こした被害者への補償や破損した他人の所有物の原状回復などを全て自費にて行わなければいけなくなります。

きちんと定期的に車検を受けていれば払い忘れをしてしまうということはないのですが、払い忘れがないように車両に貼付してある証明書の日付を確認しておくようにしましょう。

任意保険の加入の必要性とは

自賠責保険に強制加入されるなら、別に自分で他に保険に加入する必要なんてないと考える人もいるかもしれません。

しかし自賠責保険が強制加入になっているのは事故を起こした場合に被害者を救済するという目的のためであるため、もしその事故により自分自身が怪我をしてしまったり自分の車両が大きく損壊してしまったような場合には全く補償を受けることができません。

また強制加入である自賠責保険には支払い制限額が設けられており、死亡事故の場合には被害者1名につき3000万円まで、傷害事故の場合には被害者1名につき120万円までしか支払いを受けることができません。

近年の事故による補償金額は年々高額になる傾向が見られており、事故1件での損害賠償額が数億となるようなことも珍しくありません。

つまり仮に損害賠償として1億円を請求されたというときには、満額支払いを受けたとしても3000万円までの自賠責保険額との差額7000万円は自費により負担をしていかないといけません。

全く無意味とまでは言いませんが、本人への負担という意味では自賠責保険はほとんどカバーできないというのが実情であるため、必ず任意保険には加入しておくようにしましょう。

任意保険ならどこまでカバーできるか

任意で加入する保険内容を選べる任意保険なら、保険料に応じてカバーできる補償内容を自由に選択ができます。

任意保険として販売されている保険商品にはいくつかプランがあるますが、最もベーシックなものでも「対人賠償無制限」「対物賠償無制限」となっているのが通常です。

加えて「自損事故」「無保険車障害」「搭乗者傷害」「人身傷害補償」「車両保険」といったものをいくらにするか選んで設定ができます。

つまり事故が起きた場合に被害者の怪我や物損の補償はまず完璧に保険でカバーができ、さらに自分自身の怪我や同乗者の怪我、自動車自体の破損についても保険金でまかなうことができるということです。

ただし共済形式の自賠責保険と違って任意保険の保険料は一律というわけではなく、運転者の免許の色や使用する車両の種類、年齢、保険加入歴などから個別に保険料が設定されます。