保証額の決め方

損害賠償金はいくらくらいなのか

自動車保険を調べていると、それぞれのプランによって補償金額が異なっていることに気が付きます。

基本補償となる「対人賠償保険」は無制限となっている保険会社がほとんどですが、「対物賠償保険」の場合には一律無制限ではなく自分で限度額を選ぶことができるようになっていることが大半です。

「対人賠償保険」も無制限ではなく限度額を指定できる保険会社もあるようですが、無制限にプランを変更しても極端に金額が変わることはほとんどありませんので、数百円程度の違いなら絶対に無制限にしておくことをおすすめします。

問題は「対物賠償保険」ですが、5000万円程度から無制限まで段階的に選ぶことがなっていたりします。

一般の感覚なら5000万円もあれば大抵の補償はカバーされるのではないかというふうに思うところですが、近年では事故に関する直接的な補償金額はどんどん高額化される傾向にあり、数千万円では十分カバーしきれない自体も考えられます。

事故が相手のいない単独事故で所有者のいる石壁などに突っ込んで壊したというくらいなら数千万円でも十分補うことができますが、例えば電柱に衝突して電線の断裂をさせてしまったり、踏切内で自動車が止まってしまい電車運行に支障を起こしたり破損事故になったりしたらどうでしょう。

請求額が億単位になると、5000万円の補償があっても焼け石に水で多額の賠償金を自費で支払わないといけません。

とかく高額になりがちなこの2つは、特別な事情でもない限り無制限にしておくことをおすすめします。

決め方が難しい人身傷害補償保険

保障額で悩むのはむしろ特約としてつけることができるオプション契約です。

人身傷害補償保険とは、事故を起こしてしまった時に運転者である自分自身や同乗者が怪我などをした場合にその補償のための金額を受け取るというものです。

この人身傷害補償保険ではより広い補償範囲とするために、運転中だけでなく歩道など車外で起きた事故についても補償をしてくれるようなプランもあります。

ですが一般的には登場中のみの補償にとどめておくことが多いようです。

人身傷害保険の場合、怪我の治療費だけでなく怪我のために一定期間仕事ができなくなってしまったときの補償も受けることができます。

金額についていろいろ設定ができますが、一般的には3000万円程度が補償されていればほとんどの人が差額なく受けることができるようになっています。

悩みどころの車両保険

自動車保険を選ぶときにかなり悩むのが車両保険をつけるかどうかです。

車両保険とは自分で起こしてしまった事故や、自然災害などによってできた破損を保険で補うことができるようにする保険であり、これをつけるかどうかで時に倍くらいの金額の違いが出てきます。

事故補償のみで車の修理代金は別によいということならきっぱり諦めてしまうのもよいのですが、やはり高級車に乗っている人などは車の修理代金も高くなってしまいますのでできたら手厚くつけておきたいところです。

こちらについては金額は本当にさまざまに選ぶことが出来、さらにどこまでの破損・キズに対応できるかを細かく分類したタイプもあります。

車両保険については誰でもこのくらいがよいという基準はなく、まさに自分自身の感覚が全てということになります。

基本的には年間走行距離が多かったり通勤などで毎日乗るという人ならより手厚く、休日やレジャーのみということなら軽めでもよいでしょう。