ノンフリート等級制度とは?

任意保険の保険料を決める「ノンフリート等級」

加入をする任意保険を探して申し込みをするときに必ず設定されるのが「ノンフリート等級」です。

既にいずれかの任意保険に加入している人は受け取った保険証書を見てもらいたいのですが、そこには必ず自分の等級がいくつであるかが記載されています。

「ノンフリート等級」とは簡単に言うと保険に加入してから何年間無事故(保険料の請求がなかった)かを示すためのもので、長く事故を起こさなかった人=安全運転をしていて今後も事故を起こす可能性が低い人として保険料を割安にしています。

なお「ノンフリート等級」とは主に個人向けの保険契約をするとき独自の契約方法のことで、自動車保険契約には他に「フリート契約」という法人向けのものがあります。

ノンフリート契約を交わした場合に必ず付けられることになる階級のことを「ノンフリート等級」と呼んでいます。

自動車保険の保険料を決める方法には、年齢、乗用する車両の種類、免許証の色、走行距離などいくつかの要素があるのですが、ノンフリート等級はそうしたものよりもはるかに保険料の金額を大きく左右してきます。

ですのでこれから任意保険に入っていくならこのノンフリート等級をなんとしても上げていくのだという気持ちでいくことが保険料を安くする最善の方法となります。

ノンフリート等級のつけかた

ノンフリート等級は1~20までのランクに分かれており、最初は1等級からスタートし時間の経過によって少しずつ20等級にまで上がっていきます。

なお1等級の人は保険料の割引率が64%増となり、20等級の人は63%引きと定められています。

ノンフリート等級は原則的には1年に1回更新されるようになっており、通常年間契約となっている自動車保険の更新時に前年度保険料請求がなかったときに次年度の保険料に反映されます。

ただし保険加入期間中に事故などを起こし保険料を請求した場合には、その起こした事故の大きさにより等級が下がります。

等級が下がると当然次年度更新時の保険料は高くなるので、保険金を請求するときにはその事故の請求額と次年度以降に支払う保険料とを比較して行った方がよいかもしれません。

ノンフリート等級が下がる事故には3つの分類があり「3等級ダウン事故」「1等級ダウン事故」「ノーカウント事故」として分けられます。

最も重い「3等級ダウン事故」とは自動車同士の衝突事故や単独の物損事故などいわゆる「交通事故」とされるようなものが含まれます。

「1等級ダウン事故」は自然災害や人為的なイタズラなどにより破損が起こった場合の請求で、「ノーカウント事故」はそれらに入らない軽微な請求内容のもの(会社によってサービスが異なる)となっています。

ノンフリート等級の改正

ノンフリート等級は長年自動車保険の保険料査定方法として使用をされてきましたが、2015年10月1日からは新たな制度によって運用がされることになっています。

これは「無事故係数」と「事故有係数」という分類方法によるもので、契約期間中に事故を起こした人は一定期間内「事故有係数」による保険料計算を受けることになります。

具体的には3等級ダウン事故の場合は3年間、1等級ダウン事故では1年間、複数の事故が合った場合は最大6年間です。

「事故有係数」はかなり高く設定がされており、例えば同じ10等級の人であっても通常の「無事故係数」では保険料は45%割引なのですが、「事故有係数」になると23%割引というふうにかなりの金額が異なってきます。

またノンフリート等級ごとの割引率も定期的に改定がされているので、保険料更新時にはそうした変更部分についても細かくチェックしておくようにしましょう。