保険の見直し

保険料は見直すと変わる

任意自動車保険は自賠責保険と異なり、保険を申し込む人によってかなり保険料が変わります。

テレビなどを見ていても、自動車保険の保険料を見直しませんか?といった内容のCMを非常にたくさん見かけたりしますが、実際自動車保険は選び方によってかなりの差が出てきます。

特に最近ではネットで申し込みができる「ダイレクト型自動車保険」がかなり主力な販売商品となってきているため、インターネットから見積もりをとったり申し込みをしたりするだけで大幅に保険料を減らすこともの可能です。

ただし先に一つ注意をしておいてもらいたいのが、そうしたダイレクト型自動車保険の場合その保険の保証内容がどういったものであるかということは自分自身で調べなくてはならず、契約内容の確認も自分でしておかなければいけません。

あまり保険に詳しい知識のない人などは現在の保険と同じ内容のものはどれかということを探すだけでも一苦労になってきますから、そのへんの手間はあらかじめ覚悟をしておいた方がよさそうです。

安さだけでなく実際に事故などが起きたときにどういった連絡方法がとれるかといったことでも保険を選ぶことをおすすめします。

保険料が3万円も変わることも

保険料を見直すといっても実際どのくらい変わるんだろう?ということが気になりますよね。

実は同じ保証内容ということで複数の保険で見積もりを取った場合、新車の人気車種では最大3万円程度も違いが出てしまうということがわかっています。

年間で6万円近くかかっていた保険料が内容を変更せずに3万円程度になると考えれば家計への負担も相当に軽くなると言えます。

保険料の見直しについては現在かなり多くの人から感心を持たれていることもあり、情報サービスサイトなどを通じて複数の企業から一括見積もりをとることができるといったこともできるようになっています。

自分で調べようとするとそれぞれの公式サイトに行って個人情報をその都度登録しないといけませんから、手間をかけずにまず自分の保険料はざっとどのくらいの水準かを確認するためにそうした一括見積もりサイトが大変に便利です。

ただしそうした一括見積もりのサイトの場合には、細かい条件があっても考慮されなかったり具体的な保証内容についてはそれぞれのサイトで確認をしないといけなかったりするので、そこで出された見積金額から若干上下する可能性があります。

気になる保険会社を見つけたら必ず公式サイトに行って本格的な見積をとってもらうようにしましょう。

見積もりをするだけでプレゼントを貰えることも

自動車保険の見直しは、放っておけばなんとなく更新継続ができるので切り替えをするのは結構面倒に感じます。

切り替えればある程度お得になるのはわかるけど、手間がかかって嫌だなというふうに感じる人もいるかもしれません。

そうした人におすすめなのが、定期的に開催されている見積キャンペーンの利用です。

大手ダイレクト型自動車保険などでは、見積をとるだけでクオカードや図書カードなどがもらえるようなお得なキャンペーンを時々行っています。

プレゼント目当てでも申し込みをしておけば実際に保険料の切り替え時期に通知を受け取ることができるので、それまで支払ってきた保険料との比較がすぐにできます。