節約のコツ

自動車保険を節約する方法

自動車保険は見直しをしてみることでかなり金額を安くすることができます。

まず最初に試してもらいたいのがテレビでもおなじみの「ダイレクト型自動車保険」を利用してみるという方法です。

「ダイレクト型自動車保険」とは、代理店を通さずに直接申し込みをするという保険の契約方法のことで、間にセールスマンなどの人がいない分中間費用のかからないお得な価格設定になっています。

ダイレクト型の保険はインターネットやフリーダイヤルへの通話、FAXなどによって申し込みをします。

代理店を解する従来型の自動車保険では、自動車の購入時やなじみの修理工場などで担当者に依頼をすることで申し込みをしますから、自分自身で行う手間は増えてしまいます。

ですがインターネット上のサービスである一括見積もりなどを使えば複数の会社での保険料を一気に確認することができるので、そうした中から自分にあったものを探すことができます。

慣れてくるとかなり細かくそれぞれの保険の特徴を比較することができますので、同じ保険の内容で特に保険会社にこだわりがないのであればダイレクト型での保険料を検索してみてください。

オプション特約を厳選する

保険料は申し込みをする人の年齢や免許の色、所有している車両などの情報から値段が決められていきます。

ダイレクト型の保険契約を選ぶときには、まず基本となるプランを設定したあとでそこにどういった特約をつけていくかということで保険内容を拡大していきます。

しかし補償内容が増えると当然保険料も上積みされていきますので、自分のライフスタイルに合わない特約は極力付けないようにすることが重要になってきます。

中でも特に注意しておきたいのが車両保険です。

車両保険はひとつの特約ではなく、いくつかのプランの中から選んでつけることができます。

最も手厚いプランの場合には、車両についたあらゆるキズや破損に対応をすることができます。

一方いくつかの条件を限定させていけば、場合によっては故障対応を補償されないということもあるのですが、通常使用でありえる基本的な破損ならば十分に請求ができます。

もちろんきちんと手厚い補償内容にしておけば安心はできるのですが、休日しか乗らない場合や年間走行距離が少ない場合などはそこまでつけなくても十分であることがほとんどです。

車両保険を見直すだけで数割も保険料が安くなるので、十分考えてつけていくようにしましょう。