保険の適用範囲

加入する保険を適切に選ぶために

自動車保険では加入時に補償される範囲を細かく選ぶことができるようになっています。

自賠責保険の場合には保証される範囲は事故被害者の怪我や死亡のときの補償と限定されていますが、任意保険では事故を起こしてしまった本人の怪我や車両破損、同乗者の怪我や死亡の補償、さらには単独事故や自然災害などによるキズまでもを保険から補償してもらうことができます。

ただし加入するオプションが増えるほどその分保険料は高くなっていきますから、自分の自動車を運転する距離は移動範囲、同乗する人や同じ車両を使用する人数などから判断して加入する内容を決めていくようにしましょう。

任意保険の場合最も簡単な最低限補償のプランであっても「対人賠償保険」と「対物賠償保険」の2つは必ずついてきます。

これは自賠責保険と同じ範囲の補償となりますが、額の範囲がかなり広くなり「対人賠償保険」ならばほぼ必ず無制限補償、「対物賠償保険」でも数千万円~無制限まで選ぶことができます。

任意保険に加入するならこの2つは無制限となるプランに入っておくことを強くおすすめします。

他につけておきたい範囲の保険

「対人賠償保険」「対物賠償保険」の2つの他にも、ぜひ加入しておくことを進めたい補償について説明します。

まず「対物超過修理費用補償特約」という対物賠償保険に追加することができる補償です。

これは簡単に言うと、自分の車と相手の車が衝突をして破損をした場合、通常の対物補償では原状回復までの金額が保険金として支払われます。

ですが支払われる保険金の額はあくまでもその自動車の時価総額に換算しての損害金であるため、実際にどこかの修理工場に修理を依頼した時その時価総額よりも高い金額が請求されてしまうといったこともよく起こります。

そうしたときに通常の対物補償ではカバーしきれなかった分の金額も保険の補償範囲として支払いを受けることができるようにするのが「対物超過修理費用補償特約」となります。

古い車での事故などでは比較的よく起こることなので、付けておくと安心です。

また基本補償として他についてくる項目として「自損事故保険」と「無保険車損害保険」というものもよく見られます。

「自損事故保険」とは相手方のいない単独事故の場合に自分の車両や自分の怪我にかかった費用を受けることができるものです。

「無保険車損害保険」とは、相手に責任がある事故に巻き込まれた場合に相手が自動車保険に加入していなかったときに対応できる保険です。

そもそも保険に加入するつもりのない人は事故を起こしても無い袖は振れないとばかりに必要な損害補償金を支払わないケースが多いため、その人への請求を待たずに怪我や損害へ対応できるようにしておきます。

家庭環境によって選ぶ適用範囲

ひとり暮らしで自分専用の車があり、他に使用する人が全くいないということなら自分だけに限定した保険でも十分ですが、家族に複数運転免許を持っている人がいたり家族以外の人を多く乗せることがある場合にはより広い範囲で補償をつけておいた方が安心です。

追加補償として選べるプランの一つである「搭乗者傷害保険」は、車を運転していて事故が起きた時に一緒に乗っていた人が怪我や死亡をした場合に対する保険です。

案外見落とされがちなのですが、自賠責保険や最低限度の補償しかない任意保険では、相手方や運転者本人の怪我までは補償対象になりますが、一緒に乗っていた人は保険対象外になってしまいます。

そこで「搭乗者傷害保険」なら同乗者の怪我の治療費や死亡時の補償費についてもカバーができるので、送り迎えなど人をよく乗せることがある人ならぜひ入っておいてください。

他にも「人身傷害補償保険」のように、事故によって運転者が怪我を負い仕事を続けることができなくなった場合などに家族の生活費を補償するための特約などがあります。

このあたりの特約は保険会社によってかなりプランが異なるのでよく比較をして調べてみてください。