ディーラーを選ぶ

2f139b5c25c67863692d988a2d1c4a7c_s

新車で購入する場合でも、中古車で購入する場合でも、ディーラーや販売店から購入することが大半だと思います。

ディーラー、販売店、これは車屋の種類です。
車の販売店は民間の会社や個人の車屋のことで大手の企業がディーラーとなります。
新車の取り扱いは大半がディーラーで、街の車屋さん、つまり自動車販売店が中古車を取り扱っていることが多くを占めています。

しかしディーラーでも中古車の取り扱いはないわけではありません。
街の車屋さんでも新車の購入は可能です。

・ディーラーと販売店の違い
新車ならディーラーで購入するのが一般的かもしれません。
もちろん販売店でも購入できます。
どちらで買ったとしても、オプションの取り付けなどは可能ですので違いはありません。
ディーラーで買えば、ディーラーは自動車メーカーに直接発注して車を取り寄せます。

自動車販売店で購入する場合は販売店からまずはディーラーに話がいきます。
その後ディーラーから自動車メーカーへと発注されますので、流れは同じでディーラーは必ず間に入るのです。

でもディーラーで購入するよりも町にある自動車販売店で購入するほうが安いケースが多くあります。
その理由は少しでも安くしなければ、ディーラーに負けるからです。
ディーラー以外の店舗であれば、普通の人よりもディーラーより安く仕入れることができるのでそれぞれの店舗によって値段がつけられます。
もちろん自動車販売店で買っても、ディーラーで買ってもどちらも同じように保証はついているので安心してください。

車を購入することになり、車種も決まったら、ディーラーで買うのか街の自動車販売店で買うのか、それをまずは検討する必要があります。
どちらで購入する場合でも最初から1つの店舗に絞って検討するのではなくて、いくつか複数購入する店舗の候補を考えておいたほうがいいでしょう。

複数の候補を出すことによって、一番あなたにとってお得に購入できる店舗を比較した上で購入することができるからです。

高い買い物ですから慎重によく検討して選びたいものですね。
そのためには、少し手間隙を惜しんででも、検討する必要があります。

最初からひとつの会社に絞っていると、ほかでもっと安かったり、値引率が高かったことを知ったときに悔しい思いをすることがあるかもしれません。
なので、そうならないためにも、最初から色々な店舗をリサーチしておいて複数を視野に入れておいたほうがいいのです。