良いディーラーを見分けるコツ

bsOOK85_plannoteian20131223

せっかく車を購入するのですから良いディーラーに当たりたいと思うのは当然のことです。
ですから車を購入する際に良いディーラーを見極めることについてここでは考えていきます。

まずは良いディーラーというのはそもそも良い営業マンがいる場所のことだと思います。
営業マンの良し悪しが良いディーラーの見極め方のポイントにつながります。
営業マンによっては自分のところで買ってもらいたい、そればかりを全面的に出しているせいで売りたい、売りたい、そんな要望ばかりでこちらの意見には耳を傾けてくれないところもあります。
あまりにも売りたいという気持ち、買ってもらいたいという気持ちが強い営業マンは売ることに必死ですべてがそこにつながっていると思えて仕方ないでしょう。
そしてそれほど信頼することができないのです。ですから営業マンはできれば常に血気盛んなのはいいのですが、あまりにも売りたい、売りたいという気持ちを出している人は避けたほうがいいかもしれませんね。

人気がある営業マンというのは清潔感があって、そして活気があって、そんな雰囲気の人だと思います。
信頼できる営業マンは全面的に勧めてくるのではなくて適度に勧めてくれるという点も見極めましょう。
何も勧めてこないのもどうかと思いますが、あきらかに勧めすぎるのも買ってもらいたい、売りたい願望が見えすぎますので、それもどうかと思います。

お客様がどんな車を求めているのか、潜在的なニーズなど、これらをつかむまで、賢い営業マンでしたら、勧めてくるものも的確でしょう。
何気ない会話の中から何を求めているのかということを察知して、そして勧めてくれるはずです。
そして約束などもしっかり守ってくれると思います。
最初の段階では約束してくれれていたのに、二度目に来店したら、その約束は無理だったといってがっかりさせるような口だけの営業マンはいけません。
やはりできる約束だけをしてくれる営業マンが信頼できる営業マンであり、そういった営業マンがいるところが良いディーラーといえるのです。

自分の許容範囲でできること、できないことをしっかりと理解した上でお客様に誠心誠意接してくれる営業マンがいるディーラーを見極めましょう。
なかなか自分の目で見てディーラーを見極めるというのは、慣れている人であっても大変なことかもしれませんが、自分の目を信じて、自分の直感を信じて見極めていきたいものですね。
これから先も長いお付き合いになるはずですのでしっかり見極めましょう。