ハイブリットカーを買うときの注意

5f65b031dee138d0543f395669f0d417_s

環境に配慮した車として注目

CO2の悪影響が懸念されている中で注目されているのがハイブリッドカーです。
従来のガソリンエンジンだけでなく、電気モーターを搭載して2つの動力を上手く活用してガソリン消費量を大幅に削減できる未来型の車として多くの方に支持されています。
ハイブリッドカーの魅力は大幅な燃費の削減が期待出来る点です。
ガソリン消費量が従来の半分からそれ以上にまで削減でき、CO2の排出量もかなりカットできます。
燃費を抑えたいと考えている方に最適な車とされていますが、車購入時には注意しなければいけない点があります。

参考:中古ハイブリッドカー購入の注意点

思ったほど燃費が削減できない!?

現在販売されているハイブリッドカーは1リットルあたり30キロ以上走行可能としている車種がほとんどです。
同様のクラスと比較しても倍以上の数値が期待されることから、ガソリン代を節約したいと考えている方が購入しています。
しかし実際に走行させてみると、思ったほど燃費の良さをあまり実感できない場合があります。
メーカーが公表している性能よりも劣ってしまう理由は、ハイブリッドカーに適した走行の仕方をしていないからです。
急発進を繰り返したり、坂道を走行したり、高速道路でスピードを出す場合などは燃費性能があまり伸びません。
坂道が多い山間部を走行する場合はパワー不足を感じる場合もあるため、走行性能を求めている方には期待はずれになる可能性があります。

長期間愛用するとコストがかかる!?

ハイブリッドカーは通常のガソリン車よりも30万円前後高い価格で販売されています。
それでもガソリン代の節約に繋がるなら、長い目で考えると必ず元が取れると思って購入を決断する方が多いです。
ガソリン代の節約を地道に続けていると、どこかで元を取れる時が訪れるのは間違いありませんが、その頃にはバッテリーの寿命が尽きて交換しなければいけない場合も想定されます。
ハイブリッドカーに搭載するバッテリーは特殊なため、交換するだけでも40万円ほどの費用がかかります。
新車で購入した場合はある程度の期間は問題なく使用できますが、中古でハイブリッドカーを購入した場合はすぐにバッテリーの交換が必要になる可能性もあります。
トータルコストで考えるとガソリン車と大差がなくなる可能性があるため、走りの性能が良いガソリン車を選択する方もいます。

ハイブリッドの車購入を検討している方は、ガソリン車との違いをよく把握してから決定してください。
できればハイブリッドカーを試乗してみて乗り心地の良さや走行時の違いを確認しながら検討してください。