値段交渉する

bsYOTA82_akusyuwomotomeru15123614

車を買うにあたっての値引き交渉は当たり前とも言えることです。
車を買うときには一番気になるのがやはり値段だと思いますが、
その値段を値引き交渉することによっては安くすることができるのです。

車を購入する際の値引き交渉は車両本体価格から値引くことと、
そしてそれ以外の値引きがあります。

まず車両本体から値引く場合には販売テントの交渉です。
新車の値引き交渉では車両本体価格を値引くことが多いです。

メーカー希望小売価格が出されているので、どれくらい値引いてもらえるのか明確になるでしょう。
ですが値引き額が大きいからといってもすぐに決めるのは賢い方法ではありません。

例えば、200万円の車を20万円引きで購入した場合には
なんとなく得をしている気分になるかもしれませんが、
もともとの200万円そのものが高く設定されていることもあるのです。

車両本体価格というのは同じ様な車の競合車と比較をしやすくするために
ディーラーもそこで競争をそれほどせずに、ほかの条件で勝負したりすることもあるのです。
車両本体価格から値引きの交渉をしてもすぐにこのように飛びつかずに冷静に判断しましょう。

そして新車の見積もりをまずはしてから値引き額がどれくらいなのか調べるのが一番です。
そしてオプションなどを新車で購入する場合には費用が必要になってくると思いますが、
その費用もメーカーオプション、ディーラーオプションというように種類があります。

値引きの幅がきくのはやはりメーカーオプションよりもディーラーオプションですので、
ディーラーオプションを利用するようにするといいでしょう。

そして車の買い替えの場合には、今乗る車をディーラーで買取してもらうという場合があると思いますが、
下取りをしてもらう価格、これはどこも一緒ではないので、少しでも安く買いたいと思っている人は
ディーラーでの買い取り価格を調べてからどこのディーラーで買うのかを決めたらいいでしょう。

車を買うとき、営業マンにとりあえず値引き交渉をするのは当たり前になっていますので、
そのまま購入することがないようにしたいですね。ある程度の知識を持っていれば値引き交渉なども
可能になると思いますので、その値引き交渉をまずはしてみることがおすすめです。

値段交渉をすることがせこいことだと思っている人もいたり、
恥ずかしいことだと思ってそのままの値段で購入する人がいますが
それはかなり損をしていると思いますので、値段交渉は当たり前だと思っておくといいでしょう。