合宿免許のメリット

合宿免許はここがお得

今若い世代の免許取得方法として人気が高いのが合宿免許です。

合宿免許とは普通の通学式の自動車学校と異なり、学校のある遠方地域に出かけていき免許を取得するまでの数週間をずっとそこに滞在します。

現在では地方都市にある自動車学校は相当合宿免許に力を入れており、取得希望の学生が入る合宿所をまるで高級ホテルのようにキレイな設備にしていたり、その土地の観光名所をめぐることができるようなオプションをつけることができたりします。

自動車免許だけでなく自動二輪免許や原付免許などを一緒に取得ができるようにもなっており、最短日数で安価に免許取得をしたいという人にとっては合宿免許は最適と言えます。

合宿免許は教習も優先して入れられます

通学式の免許の場合には、免許取得に必要な学科教習と実技教習を受ける場合、自分で次にどの教習を受けるかスケジュールを組んでいかないといけません。

基本的に通学式での教習予約はその日の教習が終わってからでないとできないようになっているので、その日の教習が終わってすぐに次回の教習を予約しようとしても自分が希望した日や時間に入ることができないということもあります。

次の教習の予約が思うように入れられないとどんどん日数が先送りされてしまいますので、結果的に免許取得までの時間を伸ばす結果になります。

しかし合宿免許の場合、あらかじめ定められた日数の中で取得をするという方法で生徒を集めているため、必要な教習のコマ数は先に施設の方で組んでくれ仮に補修が必要になったとしても通学生よりも優先的に入れてもらえます。

また教習所によっては合宿で来た学生は補修○時間までは料金変わらずといったような設定をしていたりするので、予定していたよりも学費が高額になってしまうということもありません。

合宿免許で友達を作ることもできる

合宿免許は大学生や社会人になりたての新入社員などからよく選ばれています。

これは若い時期は比較的時間がとりやすく、まとまった日数で家を留守にする必要がある合宿免許に申し込みがしやすいためです。

つまり合宿免許の最中では同じような年代の人が全国から集ってきます。

学校の部活の合宿などでもそうですが、短期間でも一緒に何か同じ目的をしながら生活をすると一気に親近感がわきますから、合宿免許中に知り合った人とは免許取得後にそれぞれの住所に帰っても連絡をとりあう友達になったりすることが多くあります。