中古車のメリット デメリット

中古車を買うのか、新車として買うのか、迷ってしまう人もいるのではないでしょうか。
ここでは中古車のメリットとデメリットを見ていきましょう。

good・メリット・・・値段の安さ
予算がもし100万円あったとします。
この100万円で新車を購入する場合には、一部の軽自動車や車種の低いグレードをかなり値引きしてもらった上で購入するということになるでしょう。
そうなると、気になる車種を購入する事が難しくなります。

しかし、中古車で検討していた場合、かなり色々な車を選ぶことができるのです。
年式が古いなどと条件が少し悪くなることもありますが、場合によって高級なセダンでも100万円の予算で購入することができます。
同じ予算であっても新車を選ぶとかなりランクを下げなければ購入できません。
中古車を選べばかなり上のランクの車を選ぶこともできるというメリットがあります。

good・販売や生産を終了している車種の購入検討できる
新車で検討していた物が、すでに販売や生産を終了しているということもあります。
絶版車など人気があった車なのに、もう販売していないけど乗りたいという場合には中古ならあるかもしれません。
そういった車を選ぶことができるというメリットもあります。

中古車なら新車とはちがって色々な車種の今あるモデルはもちろんのこと、もうないモデルまで自分の予算に合わせて見つけることができますから選ぶ選択肢が多い点がメリットといえるでしょう。

bad・デメリット・・・条件探しが難しい
市場を見ると中古車は多種多様に出回っています。
その中で程度がいい車を探すことになるので、ある程度の車を見極める力というものが必要になります。
中古車は1台1台それぞれに程度というのが異なってきます。
年式も違えば走行距離なども違ってきます。
事故があって修復しているということもあるのです。
その状態によって値段がかなり変わってきます。

お店の人の言うとおりに購入して失敗したとか、トラブルが起こったということもありますので、ある程度の知識がなければ中古車を購入するのは難しいでしょう。

いくら安くても過走行していれば故障するリスクは高くなってきます。
それに、消耗品を交換しなければいけない可能性もでてるでしょう。

メンテナンスがされているかどうかなども調べなければなりません。
新車のようにどれも程度が一緒ではありませんので、その都度しっかりと調べて購入しなければいけないというデメリットがあります。
よほど信頼できるお店で購入しなければ失敗する可能性もあるので、中古車選びはなかなか難しいのです。